債券投資の種類

電卓

債券に投資する場合、さまざまな種類があり、種類によってリスクもかわってきます。

まず債券には、発行体によりリスクの度合いがかわってきます。リスクが低いものになってくると、国債や地方債のように、発行体が国や地方自治体など、公的な機関によるものになります。日本円で発行されているものなら、発行体の国や地方自治体が潰れない限り、満期まで保有すれば元本が返ってきます。企業が発行のものは、その企業の信用度合いによって、リスクがかわってきます。格付け機関が、発行体の企業の財務状況などから、投資するにあたっての企業の安全度を格付けします。格付けが高い企業ほど、リスクが少なくなります。ただし、リスクの少ない発行体は、それだけ金利も低くなっているので、リターンも少なくなります。

次に、発行体は同じでも、日本円で発行されるか、外貨で発行されるかによって、リスクがかわってきます。もちろん、日本円で発行される方が、為替リスクがないので、リスクは少なくなります。ただし、外貨で発行される場合は、そこの国の金利情勢によって、発行される債券の金利がかわってきます。金利の良い国の通貨で発行される場合は、金利も高くなり、同じ発行体でも、日本円で発行されるより金利が良くなります。

銀行でできる投資の種類

メモと電卓

銀行というと、ローンなどお金を借りたり、定期などのお金を預ける手堅いイメージですが、金融緩和以降、投資の商品も取り扱っています。取り扱っている投資の商品の種類には、投資信託や外貨預金、国内債券などがあります。

投資信託は、証券会社に比べると取り扱ってい種類は少ないですが、メジャーな投資信託なら銀行で購入することができます。NISAも利用することができるので、NISAの設定をすれば、年間最大で120万円までの非課税枠を利用することができます。また中には、インターネット取引をできる場合もあります。

外貨預金は、外国の通貨で預金するものです。預金と名のついた商品ですが、為替変動により、為替差益を得ることもできます。もちろんその逆の為替差損になることもあります。外貨で預金しているあいだは、その外貨での金利がつきます。取り扱っている外貨は、銀行によって違いますが、米ドルやオーストラリアドルなど、メジャーな通貨が多いです。金利も日本円で預けている場合よりも良くなっています。また、外貨預金は、預金という名前がついていも、購入するときに為替手数料がかかります。

取り扱っている国内債券には、国が発行する国債や、地方自治体が発行する地方債などがあります。