投資の売買の種類

お金を手に入れる

投資を行う場合、売り買いをして利益を得ることを目指していきます。さまざまな投資の種類がありますが、多くの場合が、安いときに購入をし、値上がりをした売却をして利益を得ます。投資をするにあたって、まずは買うことから入ります。ただし、投資の種類によっては売りから入り、買い戻しをして利益を得る方法があります。

それは、株式の信用取引です。信用取引の売買でも、株価が安いときに購入をし、株価が上がったら売却して利益をえることができます。しかし、これから株価が下がると感じたら、取引している証券会社から売却したい銘柄を借りて売却をし、株価が下がったら、その銘柄を買い戻して、証券会社に借りていて銘柄を返して、その差額分を利益として得ることができます。また、保有している銘柄が下がると思っても、その銘柄は保有し続けたい場合、信用取引で同じ銘柄を売却して、株価が下がったら買い戻して利益を得る方法もあります。万が一、株価が上がってしまって、買い戻しができなくなってしまった場合は、保有している銘柄で返すという方法ができます。

このように信用取引は、値上がりによって利益を得ることができるだけでなく、値下がりによっても利益を得ることができます。