投資を始めるなら種類とリスクの把握

パソコンやスマフォ

一口で「投資」と言っても、その対象や方法などに応じてさまざまな種類があります。たとえば、「外貨為替」を対象に行う投資には「FX」「バイナリーオプション」がありますが、この二つは似ている様でまったく違った仕組みで行う取引きです。また、対象となるものが外国為替ではなく株式や不動産などに変わることもあるので、まずは自分が取り組む投資の内容と抱えるリスクについてよく理解することが必要です。

どのような仕組みで成り立っているものであり、どのような仕組みで利益を生み出せるのかを把握すると、具体的な「勝ち」に対するイメージを持ちやすくなります。まったく仕組みが分からないもので利益を生み出そうとしても方法が分からず、結局は思う通りの結果にならずに終わってしまうことも増えます。しかし、仮に初めての経験になるとしても仕組みを把握できていれば、非常に大きな利益を生み出せる可能性が高まります。

それと同時に、どのようなリスクを孕んでいるのかを把握しておくと、「最悪の事態」を回避しやすくなります。希望的観測や不確実性の高い状況を的確に判断するためには、良くも悪くも何らかの基準を持つことが必要です。その際、特にリスク回避を目的とした判断をすることが重要になるため、重点的に勉強することが大切です。

お金

投資の種類に応じて利益を設定

大金

数ある投資の中から、何を選ぶのかによって「どの程度の利益が見込めるのか」が決まります。もっとも、投資の種類によって100円しか稼ぐことができないものと100万円以上の稼ぎばかりになるという違いがあるわけではなく、稼ぎの額は掛ける金額によって異なります。そのため、まったく同じ手法を用いた場合だとしても、人によって数十円しか稼ぐことができないこともあれば、数十万円を楽に稼ぐことも可能です。

たとえば、100円で購入した通貨を110円売却した場合、差額の10円が利益になります。ただし、これは1通貨ごとに生じるものであり、100通貨を対象とした取り引きでは1000円、1000通貨なら10000円と増えて行きます。そのため、資本金が少なく1通貨のみしか取引を行えない場合は10円しか稼ぐことができませんが、100万通貨の取引を行える人は1000万円を稼ぐことができます。

自身が投資する対象、金額に応じて最適な目標を設定しておかないと、適当なタイミングで取引ができなくなってしまう可能性が高くなるため、結果的に負ける可能性が高くなってしまいます。適切なバランスを意識して取り引きを行うことが、投資で利益を得るためのポイントです。

お金

投資は対象によって種類がある

お金が増える

一口に投資と言っても、その対象は様々にあるため種類は豊富です。ここでは、投資の代表的な対象と種類について紹介していきます。まず、一般的な投資と聞いてイメージされるものは株式に対するものです。企業が発行して様々な組織や個人が購入する形になります。企業にとっては企業活動の資金調達になり、株式を購入する方にとっては企業活動が成功した暁の株価の値上がりや、配当等を期待する仕組みです。

また、貴金属に対する投資もポピュラーな物です。例えば、有事の金という言葉があるように金は安定資産として高い需要を誇ります。また、プラチナも需要の高い対象の1つですが、その値動きは金とは異なり景気の良い時期に延びる傾向があるものです。プラチナは工業需要の大きな貴金属ですから、景気が良くなって新興国を中心に消費が伸びると値上がりしやすくなるからです。

この他にも、先物に対する投資も歴史が深い物です。初期の先物取引の大きな舞台は、日本に存在しました。1580年には米の先物市場が誕生しており、1730年には堂島米会所が世界初の先物取引所として認められ、米の先物取引が行われていました。必ずしも現物の取引をする方法ではなく、例えば商品がこれから値上がりと予想するなら安い値段の内に契約し、値上がりした時点で売却して差益を得る等の方法が使われます。

資金に応じて投資を選ぶ

暴落

投資の種類を選ぶときの基準のひとつとして、資金にあったものを選ぶというものがあります。

資金によって投資に適した対象というのは変わってきますから、どのぐらいの金額をつぎ込むことができるのかということを考えて選ぶことになります。

投資することができるお金が少ないのであれば、少額からでも始めることができるFXや低位株が適していますし、ある程度大きなお金があるのであれば、不動産や値がさの大型株を選んだりすることができます。

基本的にはお金は多ければ多いほど有利ではあるのですが、投資の対象によってはあまりに大きすぎるお金を投じるとそれによって相場が動いてしまうことになるので、大きなお金を上手く運用できる対象を選ぶ必要があります。

少額の場合には対象が絞られてしまいますから、お金がある人よりも不利になってしまいますが、近年は少額からでも十分に運用できる対象がいくらでもあるので、お金がないのであれば無いなりの運用を考えていくことが大切です。

投資というのは資金量によっても最適な対象というのは変わってきますから、一番効率よくお金を運用することができる対象を選んで、運用をしていくことこそがポイントになってきます。